コーヒーとのんびりライフ

おうちコーヒーやおやつの時間をゆったりと

【レビュー】DRIP COFFEE FACTORYの水出しコーヒー&HARIOのポットを手に入れました

日に日に暑くなってきましたね~。

私の暮らしているアパートは湿気がこもって最悪です(笑)

お湯を沸かすのさえイヤになってきます…。

 

夏になると、毎朝のコーヒーをアイスに変えているのですが、今年はちょっと気分を変えたいと思い、新しい水出しアイスコーヒーを購入してみました。

 

DRIP COFFEE FACTORYの水出しコーヒー&HARIOのポット

 

今回は「DRIP COFFEE FACTORY」さんの、ウォーターポットつきアイスコーヒーのレビューです!

 

 

DRIP COFFEE FACTORYの水出しコーヒーは、HARIOポットのおまけつき♪

今回水出しアイスコーヒーを選ぶにあたって重視したのは「何か新しいものを試してみたいなぁ」という気分をアゲてくれるか!?という点と、

 

  • おいしいアイスコーヒーに妥協したくない
  • 手軽に作りたい
  • コスパも気になる

 

という点でした。

 

選んだのは、こちらの商品です。

 


送料無料 ポット付き!水出しアイスコーヒーバッグ 20バッグ セット (1バッグ 35g入り)(1袋10バッグ入り×2袋) | ドリップコーヒーファクトリー

 

購入時の価格は、2,999円(税込) でした。

 

決め手は、HARIO製の水出しポット(ボトル)がついてくること!

ポットつきの商品は他にもありましたが、シンプルでスタイリッシュなデザイン、HARIOのブランド力(笑)に惹かれました。

 

 

【画像で紹介】DRIP COFFEE FACTORYの水出しコーヒー&HARIOポット

13:00までの注文で最短当日出荷(土日祝除く)とのことで、すぐに到着しました。

 

DRIP COFFEE FACTORYの水出しコーヒーセット

 

シンプルなパッケージに、ブラジル、ホンジュラスの豆を使用した水出し専用のコーヒーが入っています。

 

こちらがHARIOの水出しボトルです。

 

HARIOの水出し用ウォーターポット

 

HARIOの水出しウォーターポット2

 

シンプルで細身なので、私のような一人暮らしや、小さな冷蔵庫を使っているご家庭でもドアポケットなどに収納しやすいです。

 

600mlまでのメモリつき。

 

HARIOの水出しウォーターポットの目盛り

 

(※アイスコーヒー柄の紙が入っていました)

 

ロゴはごく小さく、さりげなく入っています。

 

DRIP COFFEE FACTORYのロゴ

 

主張しすぎないのがいい感じです。

 

 

水出しコーヒーの作り方。時間別に飲み比べ!

作り方は簡単。コーヒーバッグと500mlの水を入れて冷蔵庫に入れるだけ。3~5時間抽出すれば出来上がりです。

 

水出しコーヒーバッグ

 

麦茶のパックみたい(笑)

 

水出し前

 

 

水出し後

 

3時間抽出したものと、5時間抽出したものを飲み比べてみました。

 

3時間抽出

ほのかなこうばしい香り、やさしい甘みを感じました。まるみのある飲み心地です。

苦味は抑えめですが、口のなかに余韻として残ります。

さっぱりして、時間やシーンを選ばないコーヒーだと感じました!

 

5時間抽出

最初に苦味が来て、コクや酸味がより増した感じがします。

喉ごしさわやかで、やわらかい口当たりは変わりません。

よりキリっとした感じで、個人的にはこちらの方が好みかな。

 

水出し後2

 

総合して、リキッドコーヒーよりはアイスティーに近い風味。コクの強いコーヒーにはない、さっぱりと爽やかな風味を感じました。

 

カフェインがガツン!と来るイメージの濃いコーヒーが好きな方には物足りないかもしれませんが、クオリティに妥協できない人、繊細な味が好きな人にはおすすめです♪

 

コスパを検証!

1杯当たりのコスパも検証していきます。

現在販売されているのは、以下の3パターン。

 

入数 飲める量 仕様 定価 1杯当たりの価格
20バッグ 60杯 ボトルつき 2999円 49.98円
40バッグ 120杯 ボトルつき 3999円 33.32円
30バッグ 90杯 ボトルなし 3240円 36円

 ※2021年6月現在

※1杯分=販売ページの表示を引用。1バッグ(500ml)抽出で3杯分とされているようです

 

缶コーヒーよりは断然お得、市販のペットボトルコーヒーよりはややお高めといったところですね。味のクオリティを考えると安いと思います!

この価格、付属のボトルは計算に含めていません。

 

このボトルですが、HARIO定価1320円の既製品の、茶こしを外したバージョンのようです。

 

 

実質1,000円位と考えてもいいのかしら…!?

コーヒーとは別に、こちらが手に入るのはお得ですね。

 

 

どれくらいのペースで飲める?

500ml抽出するのに3~5時間かかるので、1日1~2杯程度飲むという方にはベストかと思います。パッケージ説明では、2日以内の消費が推奨されています。

もっと多く飲む場合は、お手持ちの容器を使って2パック水出しするのもありですね。

 

 

DRIP COFFEE FACTORYってどんなコーヒー屋さん?

さて、販売元のDRIP COFFEE FACTORYさんについて調べてみました。

受賞経験のある焙煎士による監修と、一流の焙煎機が特徴のようです。

 

“当店のコーヒーは、全て《ジャパン エアロプレス チャンピオンシップ ローストコンペティション 2019》で優勝に輝いた焙煎士の監修のもと、丁寧に焙煎されています。低価格ではありますが、一切の妥協はありません。”

“LORING SMART ROASTERという焙煎機は、超有名ロースターや、ワールド・バリスタ・チャンピオンシップの優勝者などが使用している世界で最も注目されている焙煎機の1つです。”

【楽天市場】ドリップバック > 水出しコーヒー:DRIP COFFEE FACTORYより引用


焙煎機は、ブルーボトルコーヒーなどで使われているものだそうです。

 

ただ、いまひとつお店の雰囲気が分からず、製造元の「タカムラ株式会社」さんを調べてみました。

 

DRIP COFFEE FACTORY水出しコーヒー商品情報

 

 

製造者・タカムラ株式会社って?

タカムラ株式会社さんの実店舗は、大阪・西区にあるワインとコーヒーの専門店、「タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ」

 

 

もともとはワインを専門としていて「ワインを選ぶようにコーヒーを選ぶ」生産者やクオリティを追求したスタイルで、スペシャルティコーヒーの事業でも発展してこられました。

 

取り扱われているのは、妥協ない一流品質のコーヒー豆たちです。

 


●【200g】ブラジル パライソ( COE 2019#17) ( BRAZIL Paraiso ) (カップオブエクセレンス)(スペシャルティコーヒー)[C]

 

 

公式サイトには、前出の《ジャパン エアロプレス チャンピオンシップ ローストコンペティション 2019》のみならず、数々の賞での受賞経験があること、焙煎機「LORING SMART ROASTER」についてもより詳しい説明が書かれていました。

 

DRIP COFFEE FACTORYのコーヒー豆は、ここで作られているんですね。

 

おそらく本格的なスペシャルティコーヒーの販売を行っている同社が、より手に取りやすくしたシリーズがDRIP COFFEE FACTORYなのではないでしょうか?

 

コーヒーが大好きだけど、コスパも気になる…という方は、ぜひ試してみる価値ありだと思います。

 

 

まとめ

DRIP COFFEE FACTORYの水出しコーヒーについて書いてきました。

 

こんな人におすすめ!

・おいしいアイスコーヒーに妥協したくない

コスパも気になる

・毎日の消費量は1~2杯

・シンプルなウォーターポットがほしい

 

こんな人にはちょっと…

・ガツンと苦み強めのアイスコーヒーが好き

・一日4杯以上アイスコーヒーを消費している

 

自分の好みがしっかり固まっている&ヘビードリンカーさんは、タカムラさんのサイトも訪れてみてくださいね。

 

うまくリフレッシュしつつ、厳しい夏を乗り越えていきましょう!

楽しいコーヒーライフを♪

それではまた~。

 


送料無料 ポット付き!水出しアイスコーヒーバッグ 20バッグ セット (1バッグ 35g入り)(1袋10バッグ入り×2袋) | ドリップコーヒーファクトリー