コーヒーとのんびりライフ

コーヒーのこと、のんびり過ごす時間のこと、ゆるく発信していきます。

寒い夜はコーヒー+ウイスキーでアイリッシュコーヒー【ジムビーム】

「おうち飲み」が増えてきたこの頃、わが家にも今までなかったウイスキーが常備されるようになりました。

「ジムビーム」という、どこのスーパーでも手に入るようなハイボール向きのウイスキーなのですが、コーヒーと一緒に試すことはできないかな…?と思い、試してみました。

 

目次

 

コーヒーとウイスキーが合う?ジムビームでアイリッシュコーヒーに?

f:id:nonbiri-coffee:20201215210344j:plain

 

今回の記事はこんな人におすすめです。

 

コーヒー+ウイスキーを試してみたい

ウイスキー(お酒)には詳しくない

寒い夜にほっと温まりたい

・ジムビームでアイリッシュコーヒーが作れるの?

アイリッシュコーヒーに生クリームは必要?

・生クリームとか面倒

 

ジムビームで作れるのは「アイリッシュコーヒー」ではない

コーヒーとウイスキーを合わせて作る最も有名な飲み物がアイリッシュコーヒー」です。その名の通りアイルランドで生まれたカクテルで、極寒の空港の待合室で、乗客の身体を温めるために考案されたカクテルとのこと。 まさに寒い季節にぴったりの飲み物です。

使われるのは、アイルランド自慢のアイリッシュウイスキー。世界5大ウイスキーのひとつです。

 

世界5大ウイスキー

アイリッシュウイスキー(アイルランド)

・スコッチウイスキー(スコットランド)

アメリカンウイスキー(アメリカ)

・カナディアンウイスキー(カナダ)

・ジャパニーズウイスキー(日本)

 

つまり、アイリッシュコーヒーとはアイリッシュウイスキーを使用した飲み物だけを指し、その他のウイスキーを使ったものは「アイリッシュコーヒー」ではなく、別の名称で呼ばれます。

 

アイリッシュウイスキー(アイルランド) =アイリッシュコーヒー

・スコッチウイスキー(スコットランド) =ゲーリックコーヒー

アメリカンウイスキー(アメリカ) =ケンタッキーコーヒー

・カナディアンウイスキー(カナダ) =名称なし(?)

・ジャパニーズウイスキー(日本)=名称なし

 

アイリッシュコーヒーの代表的な銘柄は、ジェムソン、タラモアデュー、ブッシュミルズなど。これらを使えばアイリッシュコーヒーになります。

対して、「ジムビーム」アメリカンウイスキーに当たります(中でもバーボンと呼ばれる種類)。そのためコーヒーと混ぜた場合は「ケンタッキーコーヒーという名称になります。

 

ケンタッキーコーヒーを作ってみた!

それでは、ジムビームとコーヒーを使って「ケンタッキーコーヒーを作っていきます!

 

材料

・コーヒー(深煎り)…120cc

ウイスキー(ここではジムビーム)…20cc

・砂糖…小さじ1 (5g)~ ※ザラメやブラウンシュガーがあれば、よりGood

・生クリーム…20cc

 

手順

  1. お湯を沸かし、コーヒーを入れる。
  2. グラスに一度お湯を注ぎ捨て、温める。
  3. グラスに砂糖を入れ、ウイスキー、コーヒーを注ぎ、かき混ぜる。
  4. 生クリームを浮かべる。

 

色々なレシピを調査したのですが、コーヒーとウイスキーの比率が作る人によってまちまちでした。

 

今回はUCCさんのレシピをベースにしましたが、初めて作る場合はコーヒー120ccを基準として、その他の材料を調整していくといいと思います。

 

ウイスキーは、慣れていなければ10ccくらいから。

砂糖は、個人的には小さじ1(5g)スタートくらいでじょじょに足していくのがいいと思います。UCCレシピには15gとあるのですが多すぎる気がしたので、とりあえず小さじ1/2(2.5g)から始め、飲みながら足していってみました。

 

f:id:nonbiri-coffee:20201215210359j:plain

 

生クリームも買ってきました。35%の純生クリーム224円です。隣に脂肪分40%以上の物が置いてありましたが節約してこっちにしました。

そしてちょっとだけ生クリームを作りたい時に便利な100均グッズ「ふりふりクリームメーカー」も入手してきました。

 

f:id:nonbiri-coffee:20201215210350j:plain

 

マヨネーズ容器のようなチューブなのですが、これに生クリームを入れて振るだけで時短で生クリームができる超便利商品です。もう泡立て器で一生懸命かきまぜる必要はありません。

使ってみると、4分ほどでクリーム状になりました!

20ccぎりぎりを作ってしまうとクリームが容器に貼りついて出てこないので注意です。あらかじめ多めにチューブに入れておくといいです。

あと最初からチューブ状になっているホイップクリームも売っているので、面倒な方はそちらで。

 

ケンタッキーコーヒー、実際に飲んでみた感想!

いろどりでコーヒー粉をまぶしてみました。

 

f:id:nonbiri-coffee:20201215210426j:plain

 

クリームのひんやりした食感に続いてカクテルの温かさがやってきて、なんとも贅沢です。ウイスキーの香りと酸味が立ち上ってきて、癖になりそうな感じ。最後には溶け残った砂糖の甘みとエスプレッソのような苦味をデザートのように楽しめました。

 

生クリームなしでも楽しもう

「生クリームなんていちいち用意してられないよ」という場合はシンプルに、コーヒーにティースプーン1~2杯のウイスキーを加えるのも良いと思います。ウイスキーは香りが重要。温まったカップから香りが花開いていくのを感じるだけでも楽しめますよ!

 

口に合わなくても大丈夫。味覚は開発される

もしかしたら、ウイスキーはやっぱりちょっと…という結論になる場合もあるかもしれません。

でも、コーヒー好きの方ならきっと大丈夫!ウイスキーはコーヒーと同じ、アクワイアード・テイスト(後天的味覚)の飲み物で、経験を積み重ねることで美味しさが感じられるようになるんだそうです。

毎冬ごとに、好きな味に近づいていけるかもしれませんね。

それでは、楽しいコーヒーライフを♪

 

関連記事

コーヒーにチョコレートを混ぜて飲んでみた記事です。よかったら参考にどうぞ!