コーヒーとのんびりライフ

コーヒーのこと、のんびり過ごす時間のこと、ゆるく発信していきます。

セブンイレブン「いちごのバブカ」はパンorスイーツ?名前の意味は?

冬になると増えてくる、いちごの新商品。

コンビニ各社でもスイーツやパンなど色々な商品が出ていますが、今回はセブンイレブンの「いちごのバブカ」を食べてみました!

「バブカ」という不思議な名前の意味や発祥、通常品「チョコレートのバブカ」との比較もお送りしていきますので、「“バブカ”ってなに?」「“バブカ”を食べたことがない」という方も、食べた&わかった気分になっちゃってください!

 

目次

 

セブンイレブン「いちごのバブカ」。TBS「ジョブチューン」でも紹介

f:id:nonbiri-coffee:20210112135558j:plain

 

今回食べたのは、1月12(火)にセブンイレブンで発売されたパン「いちごのバブカ」です。

 

もともと2020年初夏からチョコレート味のバブカが販売されており、同年12月には期間限定でチョコクリーム増量品が販売されるなど、好評の商品のようです。

TBSテレビ「ジョブチューン」お正月スペシャル(2021年1月1日放送)でも紹介されました。

 

今回はその「バブカ」がいちご味で登場です。

1月5日から展開された「いちごフェア」シリーズのひとつであり、期間限定商品と思われます。

 

 

セブンイレブン「いちごのバブカ」の商品情報

発売日:2021年1月12日(火)

価格:148円(税抜)

カロリー:367kcal

 

 

実食!いちごのバブカ感想。温める食べ方も

f:id:nonbiri-coffee:20210112135616j:plain

 

f:id:nonbiri-coffee:20210112135636j:plain

 

クロワッサン生地がパリッ&もちっとしてます。

いちごのパウダーがたっぷりかかっていて、このパウダー、純粋においしい。

 

中身のいちごのチョコクリームは、甘酸っぱくてしっかりした風味。クリームというより、いちごチョコの風味を中央にしっかり練りこんでいる印象でした。

初めは中身の量が少ないかな?と思ったけど、しつこくなくってちょうどいい感じ!

チーズの風味も含まれているそうですが…そこは正直わからなかった(汗)

 

トースターやレンジで温めて食べるのもおすすめ。層になったパン生地のバターの香りが増して、おいしさアップです!

 

 

通常品「チョコレートのバブカ」と比較!

さらに、通常販売商品「チョコレートのバブカ」と比較してみます。

 

f:id:nonbiri-coffee:20210112135607j:plain

 

チョコレートのバブカ

価格:138円(税抜)

カロリー:402kcal

 

f:id:nonbiri-coffee:20210112135701j:plain

f:id:nonbiri-coffee:20210112135714j:plain

 

シュガーがたっぷりまぶされています。デニッシュ生地のバター感も強く感じます。

中のチョコレートは、ビターで濃厚。ねっとりしているけどチョコチップが固形感を残していて、サクサク感もあり。

とても完成されていて、クセになる感じです。

 

こちらもトースターやレンジで温めると、生地がしっとり&チョコレートがとろけてよりおいしくなりましたよ!

 

 

いちごとチョコレートのバブカ、比較画像

f:id:nonbiri-coffee:20210112135725j:plain

f:id:nonbiri-coffee:20210112135525j:plain

f:id:nonbiri-coffee:20210112135537j:plain

f:id:nonbiri-coffee:20210112135548j:plain

 

 

どちらがおすすめ?~バブカはパンか、スイーツか?

 チョコレートのバブカはやや脂分が多くてヘビーで、若干の背徳感がありますね…。

いちごのバブカはそこまでドッシリしていないので、ちょっと甘いものが好きな方なら万人におすすめです。

 

どちらも間違いなくパンなのですが、チョコレートのバブカは完全にスイーツ(お菓子)という印象です。

いちごのバブカはチョコレートに比べると、ギリギリ食事時に食べるのもアリかな…?

 

いちごのバブカは期間限定と思われますが、流行商品の色が強く、来年も販売されるかどうかはあやしいところだと思います。この機会をお見逃しなく!

 

 

「バブカ」ってどういう意味?

「バブカ(Babka)」はポーランド語で「おばあさん・祖母」という意味だそうです。

 

バブカ

中東発祥のパンで、19世紀初頭に東ヨーロッパのユダヤ人の間で発展した。チョコレートは一般に入手できなかったため、当時は使用されていなかった。チョコレートバブカは20世紀半ばのアメリカで発展した。

 

バブカという名前は、ポーランドウクライナ西部で食べられているイースターのパン一種であるBabaもしくは、Diminutive babkaに由来する。これはポーランド語で「祖母」を意味しイディッシュ語のBubbeに関連している。”

 

バブカ - Wikipediaより引用

 

発祥は上記のとおりですが、なぜ「おばあさん」→パンの名前になったのかは不明でした…。

 

バブカは1950年代後半以降、アメリカやイスラエルでさまざまな形や具材で提供されるようになり、2010年代以降、ニューヨークで大人気となります。

特にチョコレートバブカの人気が高く、日本でも流行し“バブカ=チョコレートのパン”というイメージができたのはごく最近のことだといえるでしょう。

 

 

バブカのお取り寄せ紹介。冷凍で届きます【通販】

コンビニはお手軽ですが、もっと本格的なバブカが気になったら、お取り寄せが可能なこちらをチェックしてみてください。

 

 

鎌倉のチョコレート専門店「チョコレートバンク」が作るバブカです。冷凍で配送されてくるので、保存して少しずつ食べることができますよ!

このお店、本店のガトーショコラが「即位の礼」の手土産に選ばれたことでも有名です。

ここぞという時の贈りものにも使えそうです!

 

 

あとがき

セブンイレブン「いちごのバブカ」の紹介でした。

今が旬のスイーツを、ぜひ楽しんでいきましょう!それでは!

 

 

関連記事